2017/03/16 【経済・統計】 中国:ユニバーサル・スタジオ北京は世界最大、独自アトラクションも

 中国北京市郊外の通州区で建設が進むテーマパーク「ユニバーサル・スタジオ北京」について、運営会社に出資する北京首都旅游集団の段強董事長は13日、「ユニバーサル・スタジオとして世界最大の規模になる」と話し、その概要を明かした。現在、世界で最も広い「ユニバーサル・スタジオ」は米オーランドにあるが、北京の規模はこれを上回る見通し。段董事長は「中国の古いアニメやドラマからも題材を得て、オーランドにないアトラクションを作る」と語った。北京商報が14日付で伝えた。
 「ユニバーサル・スタジオ北京」は2020年に第1期部分の開園を予定。敷地面積は4平方キロ、うち第1期部分は1.59平方キロで、ホテル2軒や駐車場もこの中に建設される。現在の計画では第2期まで拡張する予定だが、第3期まで広げる可能性もあるという。

亜州ビジネス 中国産業データ&リポート
Ashu IR Inc. All Rights Reserved