2017/03/17 【社会】 中国:山東企業が対ドローン妨害システム発売、捕獲も可能に

 中国山東省のセキュリティー対策用品メーカーである青島国数信息科技がこのほど、小型無人航空機(ドローン)の飛行妨害システムを売り出した。同システムを使えば、迷惑または危険な飛行を行っているドローンに警告を発し、電波を出すなどして飛行を妨害するほか、追跡や捕獲することも可能。同社はこれ以前に、中国初の民間用ドローン捕獲器を発売しており、この捕獲器が同システムでも利用可能だ。央広網が15日付で伝えた。
 中国では近年、映画などの撮影や報道、測量、物流、また趣味を目的としたドローンの利用が急増したが、当局に無届けの飛行が多く、空の秩序維持が難しくなっている。また、ドローンはテロや盗撮などにも使われる可能性があるとして、警戒感も高まってきた。

亜州ビジネス 中国産業データ&リポート
Ashu IR Inc. All Rights Reserved