2019/02/06 【経済・統計】 中国:「春運」鉄道旅客数、当初15日間で8.6%増の1.43億人

 春節(旧正月:2月5日)前後の特別輸送体制「春運」期間(1月21日〜3月1日の40日間)に入るなか、当初15日間の鉄道旅客輸送数が全国で1億4300万人に上った。前年同期比で8.6%(137万7000人)増加している。証券時報が5日、中国鉄路総公司の情報として伝えた。うち1月26日の旅客数は1049万6000人となり、春節前の単日で過去最高を記録した。
 「春運」の時期は、鉄道や旅客機などが帰省ラッシュのための特別輸送態勢に移行。帰省などの便宜を図り、列車などが増便される。同部によれば、2019年の「春運」期間の旅客輸送量は、前年比0.6%増の全国29億9000万人に上る見通しだ。交通手段別では、鉄道が8.36%増の4億1300万人、道路(自動車)が横ばいの24億6000万人、航空が12%増の7300万人、海運・水運が横ばいの4300万人が見込まれる。

亜州ビジネス 中国産業データ&リポート
Ashu IR Inc. All Rights Reserved